--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事の始まりは12月末。
年末、全国対抗オンラインナンバーマッチが行われました。

全都道府県から1チームが代表として参加し、ナンバーマッチを勝者を決める大会。
ナンバーマッチを使用した大会というのは今回が初の試みです。

まぁ、この大会は関東チームが優勝して幕を閉じました。

そして1月9日、オンラインナンバーマッチの正式版である今大会が開催されました。

ルールはとてもシンプルで、特定のレギュに沿ったデッキを組み、それを使用して戦うというルール。
第一回戦、第二回戦、第三回戦でそれぞれルールが異なり、場合によっては格下が格上食いもあり得るのがこの大会の特徴。

で、その大会に相方+相方の友人とチームを組み、チーム「Night Raven」として参加致しました。
私達のチームを含め、総勢8チーム(24人)の人が参加致しました。

メンバー全員のレギュを乗せるのもアレなんで、とりあえず私に割り当てられてレギュと使用したデッキをご紹介。

第一回戦:ユニット枚数が8枚以上のデッキで出撃
使用デッキ:カメリア神託
グラリス、カメリア、ウィンドメア、ジュンガ、オユー、チョモラ、パルナス、ヘームス

第二回戦:デッキレベル上限を6にして出撃
使用デッキ:旧エシネア関連
レシャ、リゼ、旧エシネア、ルチル、シリカ

第三回戦:デッキの国家が全て同じ国家で出撃
使用デッキ:ゴーステディ式グラド神託
新グラド、グラリス、デュフル、オユー、ジュンガ

ちなみに結果は全試合0-3で綺麗な完敗で御座います(´¬`)

こういった大会は全国とはまた違った趣があり、非常に楽しみ甲斐があります。
試合結果は非常に残念な結果となりましたが、メンバー全員とても楽しい時間を過ごせました。

スポンサーサイト

5thEXが解禁して、新カードを入手する為にシナリオでカード掘り。

その時に出てきた乱舞するジンチに惚れました。
で、昨日は池袋と秋葉原にあるカードショップを巡り、ジンチと必要な新カードを購入してきました。

そして今日、色々と脳内構築した試作型ジンチデッキのテスト運用をしてきました。

編成:ジンチ、ツェ、コトパク、リゼ、コリアンダー

本来、ツェの部分にはティティスが入る予定ですが、今は持ってないのでツェを投入。
後日、ポラリスを弾にしてトレードして頂く予定で御座います。

テスト運用はサブカでリヴァを取るついでにシナリオでやりました。

以下、その時の感想。
・ジンチ弱っ!!え、なにこいつ。本当に4靴っすか。
・うはwwwコトパクきめぇwwwなんだAT51の2杖ってwww
・あー…やっぱツェのダメアビつぇーなー。
・コリアンダー空気過ぎ。アビ撃てるまで生き残らねーでやんの。
・ジンチは赤月ミサイル理論した方がいいなぁ…。それでも3靴倒せるかどうかだけど・・・。
・つか、ジンチのアビ使ってる暇がねぇぞこれ。

以上が試作型ジンチデッキの感想。
この時は普通の4靴と同じ様に殺さないように運用していたのですが、後半は赤月ミサイル理論の精神で投げまくってました。
ジンチの扱い方としてはこっちのが圧倒的に安定します。

そしてコリアンダーが空気過ぎたので、信頼と実績のティートを投入。

編成がジンチ、ツェ、コトパク、ティート、リゼに変化。
試運転も終わったので、今度は全国戦へ。

結果は5戦4勝1敗。

負けた1戦は7杖(3/3/1)3剣(2/1)編成で、ツェとティートがラインを上げられず、時間切れ。
その後に再マッチしたので、今度はジンチを投げまくって無理矢理道をこじ開けて、そこにツェとティートを流し込むゲームで勝ちを奪い取る。

ぶっちゃけ、ジンチよりもコトパクとツェのパワーで押し切ったような試合が非常に多い。
で、多分ツェをティティスに変えたら終了のお知らせなのは確定的に明らか。

だけど、現状だとジンチがパワー不足なので、何かしらの手段で強化する必要がある。

むぅ…最初に予想した通り、かなり扱いの難しい娘です。
せめてLv3/Co2なら…と思うのですが、Lv4/Co2で生まれてしまった以上、嘆いても仕方がありません。


しばらくは無い脳味噌を振り絞って、ジンチを生かす方法を考えたいと思います。

2009年10月14日

明日は解禁日

明日は楽しい楽しい給料日。

ついに私も5thEXが解禁だぜヒャッハー!!

さて、マキシャの方では既に書いてありますが、5thEXはパラキスをメインにしてみようかと思っております。
というのも、5thEXはコトパクや新イヴィー、そしてデンバー等、INTによってATKが変化するユニットが大量出現。

しかも変化量がハンパじゃないうえ、特にコトパクとデンバーのアビがクソ強いって話。

そこで、INTでATKが増減するユニットと、敵を倒せばINTが上昇するパラキスの旦那を組み合わせたら、そこそこイイ線いけるんじゃないかなー…って思ってるわけですよ。

しかし、それと同時に色々と対策を練らないといけないカードも多数。
リンエッジデンバーディディスカス、新ロザミル、旧オプス藁等々…。

下手するとマッチングした時点で詰みかねないデッキが非常に多いです。
好きなカードを主軸として全国に行くか、それともポリシーを捨て、これらのデッキ対策をバッチリしたうえで全国に行くか非常に悩み所。

まぁ、私のポリシーなんてアニスとトロネラをデッキに入れて使いたいっつーだけのもんなので、そこまで大したもんじゃねーですが。
でもねぇ、上記のデッキ対策を練った場合、どう考えてもトロネラの入るスペースが無いんだ(´・ω・`)

デッキ構築は実に難しい…。

とりあえず、明日はパラキスデッキを持って、ぶん回すどぉー!してくる!!

2009年09月27日

悠久の車輪5thEX

公式の方に5thEXのカードを使った対戦動画が来ましたねー。
ついに召喚師の着せ替えが登場するようで、嬉しい限り。
でも自陣側の召喚師の声が薔薇乙女の真紅にしか聞こえない件。

まぁ、そんな個人的な感想はさておき、今回の動画で登場した新カードをサクっと考察なんぞをしてみようかと。

今回、動画に乗ってたカードは新フェンネルとネバドの2枚。

新フェンネルはAT41と割と低め。
同ATだとハマユゥなんつーのもいましたね。
で、気になるアビリティは

範囲内の敵ユニットの攻撃力とレベルを下げる。
このアビリティは無効化されない。


といったもの。
まぁ、ぶっちゃけレベルを下げたからなんなんだっつー話な気がします。
そして攻撃力の減少値は動画を見ている限りたった1
これはハクラビのATが51→50→49と減っている事から間違いないかと。

また、このアビリティの効果は永続なようで、一度レベルが下がると元には戻らない様子。

そしてネバドの方はAT28の1鹿ゴブリン。
アビリティが少々変わっておりまして、

範囲内のユニット1体の攻撃力をレベルに応じた値にする。
レベルがコストより少ない場合、ダメージを与える


という効果。
攻撃力をレベルに応じた値にするとの記述の通り、動画内でフェンネルアビを1回食らったハクラビのATが28まで低下しております。
しかも、必要APが2と比較的軽いうえ、効果時間が約27カウントとかなり長め。
まぁ、敵に使って攻撃力下げた所で最大HPは変化しねーので、シリカでおkって言われりゃそれまでですが。

また、自軍ユニットも対象に取れるようで、今まで全く陽の当たらなかったレベル>コストのユニットも活躍出来る可能性が出て参りました。
ベルガ、旧レスター、デルタ等、今まで全く見なかったカードに使うと面白い事になるんじゃないかと。
ただ、レベルに応じた値ってのがどの程度なのかわからなかったりします。

例えば、同じレベル3シーカーでも、ローズマリー(AT46)と鮫王(AT59)がいたりするわけですし。
下手をするとレベルを上げたり下げたりしなくても強化や弱体化が出来るんじゃねーですかね。

そしてもう一つの特徴であるオーバーコストユニットに対してダメージを与えるという効果。
動画だとフェンネルアビを食らったハクラビが対象となっておりましたが、与ダメは大体300ちょいといった所。
少々条件があるとはいえ、300程度も出れば1靴としては十分じゃないでしょうか。

しかし、わざわざフェンネル使ってレベルを下げたうえでネバドを使うっつーのは少々面倒ですし、車輪でアビを使ったコンボデッキってカメペリサフィー程度しか思い浮かばないわけでして…。
多分、相手のデッキにオーバーコストがいた時の為に、サイドに突っ込む程度が妥当な所じゃないですかね。


まぁ、これ以外にも様々な新カードが出てくるでしょうし、5thEXが非常に楽しみな今日この頃で御座います。
悠久の車輪5thEX 審判の波動は10月1日稼働開始

当日は仕事なので、仕事終わった後くらいに掘りに行って来ようと思います!!

はーい、というわけで本日は悠久の車輪関東最強決定戦の決勝トーナメントを見学して参りました。

今回の感想を言うとしたら、全試合が名試合。一瞬たりとも目が離せない。
これに尽きるかと。

だって、決勝トーナメントの1戦目からクライマックス過ぎて、第1回戦の第1試合から引き分けで再戦とか熱過ぎる展開。
他店舗で開催される試合なら決勝クラスの盛り上がりっぷり。

これで盛り上がらず、どの試合で盛り上がる!

更に優勝候補の一角であり、運営特別推薦枠の影様が惜しくも1回戦敗退となる等、予想外の展開も。

そしてそんな中、月夜ノ夢様の素敵実況でテンションが際限無く上がり続けるといった具合。

上級者同時のぶつかり合いがここまで激しい物だとは思いませんでした。

ちなみに大会中、優勝者予想を行なっており、見事正解すると豪華賞品が頂けるとの事。
で、私もその優勝者予想を行ないました。

私の場合、予想というより誰を応援するかでしたけれど。

ゲムワ大会で私と対戦し、そのまま本戦出場を決めたblue様か。
それとも、神託使いとして目標としているゴーステディ様か。

どちらに投票しようか悩んだ結果、緑単色使いのblue様に投票する事に。
まぁ、これが後の運命を左右するとは思わなかったわけですが…。


そして試合は進み、準決勝へ。
勝ち残った4名はゴーステディ様、スープーシャン様、いううえ様、レクセル様。

ここまで勝ち残ったのはまぐれでは無く、実力なのは確定的に明らか。
準決勝も熱く、盛り上がり、そして名勝負のオンパレード。

なんつーか、たかだかレート1800ちょいの私が感想を言うのはおこがましい位。


そして準決勝も終了し、決勝戦は神託使いとして名高いゴーステディ様 VS 鹿単で神皇帝まで上り詰めたレクセル様の対決。

御互いの配置読みから始まり、レクセル汚い!等ギャラリーの挑発等もあり、実に素敵な(泥沼)試合で御座いました。
ちなみに実況の月夜ノ夢様曰く「これが決勝でいいのか!?美しさの欠片もないぞーwwwwww」との事で。

最終的にキーパーとシーカーの相性差が出てしまい、ゴーステディ様の優勝となりました。

で、最初の方に書いた優勝者予想なのですが、ちょっとゴーステディ様に入れておけばよかったと後悔。
まぁ、やっちまったもんは仕方ない。

しかし、ここで緊急発表が。
優勝者予想なのですが、ゴーステディ様が優勝すると思っていた人は0人。
優勝者予想の為に用意した賞品が勿体ないとの事で、急遽抽選で10名の方に賞品をプレゼントするとの事。

でまぁ、結果を言ってしまえば、抽選に当たりました。

お年玉袋くらいの大きさの袋が10個用意されておりまして、この中から好きな物を1つ選んで良いとの事。


結果、中にはオリーヴが入っておりました。


え、なにこれ。
シャローンとオリーブの2枚デッキとかやれって事っすか。
というか、なんでこんな時まで黒のカード引いてんのwwwwwどんだけ黒に好かれてるんだ私www的な。


そしてその後のフリープレイではゴーステディ様と対戦して頂きました。

結果はいわずもがなふるぼっこ。
いやぁ、見事に何もできなかった…。


あ、ちなみに、今大会の試合は全て録画しておりまして、後日ニコニコ動画の方にUPされるとの事です。
機会がありましたら、是非ご覧くださいませ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ
検索フォーム

最新コメント
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。